Menu

SAIWAI design Blog

本と装丁、猫・鞄・藍染・ヨガ・芸術。旅とビオワインと日本酒

GWのGHIBLI

仕事が基本のGWの中1つくらいらしいことを、ということで前にいつ来たか覚えてないくらい、ものすごく久しぶりに行ってきました。

前に来たときよりもカラフルな外観になった気がしますが、その色もド派手じゃなくいい感じ。外国人旅行者が半分より多いくらい、子どもと大人の比率は大人6:子ども4くらい。しかし、国籍、年齢、性別問わず、みな明らかにキラキラした瞳をしてる(おそらく自分も)。

建物から内装、スタッフの制服、ちょっとした案内板まで全てがジブリクオリティ。うっかり楽しい気持ちを消してしまうようなうらぶれたものは1つもありません。

そして展示、映画の仕組みをわかりやすく伝える常設展や企画展も素晴らしいのですが、個人的には宮﨑駿と男鹿和雄の絵の上手さが堪能できる「映画の生まれる場所」が圧巻。宮﨑駿が鉛筆でさらさらと描いたであろうイメージカットひとつとっても「作品」として成立するくらい上手い、もう本当に上手すぎて惚れ惚れする。さらに実際の映画では使われなかったであろうカットなどもさり気なく貼ってあったりして(例えば、ユパがテトを砂漠で拾ったときのカットなど)たまらないよこれは…。

そうしてすべての展示を堪能したあとは、美術館常設のミニシアター「土星座」で現在上映中の「めいとこねこバス」を観て(泣くような映画じゃないのにウルッときてしまうのはなぜだろう?)、sousou45rpmとのコラボアイテムまであるミュージアムショップでお土産を買い、前に来たときには無かった気がする広いデッキですごく美味しいホットドックと風の谷のビールで乾杯。とてもいい一日でした。


やっぱりこの瓶、持って帰ればよかったかな…。


今回のお土産。黒トトロ(「めいとこねこバス」に出演中)

三鷹の森ジブリ美術館
チケットは毎月10日発売の予約制なのでご注意を

コメントを残す